24時間練習できるゴルフ練習場が堂々オープン

ゴルフボール

ゴルフにも保険は必要

男性

保険で補償される内容は

世の中にはさまざまな保険があり、スポーツを行うさいに備える保険も多く見られます。そのようなスポーツ保険のひとつがゴルフ保険です。ゴルフ保険はゴルファー保険とも呼ばれるもので、ゴルフをプレー中に起こる事故に対して備えることができます。ゴルフ保険の補償内容は保険によって変わってきますが、一般的には打球が自身または他人にあたり死傷させた場合、打球が建物や物品に命中して故障、破損、破壊させた場合です。他には、スイングしたクラブが他人にあたり怪我をさせた時や自身が店頭したり滑り落ちたりした時、さらにクラブに亀裂が入ったり折れ曲がって故障した時などに保証してもらえます。またゴルフ保険でもっとも特徴的なのが、ホールインワン保険です。ホールインワンはホールのはじめの1打でカップにボールが入ることや、そのホールの規定打数よりも3打少なく入れるアルバトロスを達成した場合には、祝賀会を催すことがあります。その際に必要な費用の一部を負担してくれるというものです。ホールインワン保険は、別に祝賀会を催さなければ関係がないのでそれほど重要ではありません。しかし、プレー中の死傷事故や物損事故は比較的起こりやすいとされています。そのため、ゴルフをプレーするさいにはゴルフ保険に加入しておくのが無難といえます。保険の種類も積立と掛け捨てがあり、掛け捨てであれば1日単位で掛けることができ、保険料も400円から1000円程度で済みます。頻繁にゴルフに行くのであれば年契約の方がお得で、3000円から1万円程度で済みます。